エンジンオイル

アバルト500 ギアオイル類交換

更新日:


2ペダルマニュアルのアバルト。
トランスミッション本体はMTだけど、クラッチ、シフト操作が油圧で制御されるので、
室内にはクラッチペダルも、シフトレバーもありません。
このシステムはヨーロッパの小型車の主流かな。

AT車だと思って乗ると非常に乗りにくく、MT車だと思って乗らないと難しい。。。
癖があって面白い車です!!!

ただシフトチェンジしても変速のタイミングがイメージしてるより遅れるんです。。。

改善する方法はオイル類を上質な物交換する、
それでも物足りなければ、スロットルコントローラー
を取り付ける。

まずは整備の観点から、デュアロジックフルード(クラッチ系統オイル)と、
ギアオイルの交換です。

デュアロジックオイルは構造上、鉄粉や汚れが出ないものだと思ってましたが、
意外にも、汚れ、鉄粉が出ていました。

診断機を繋いで、ポンプを作動させ、抜いては入れ作動させを繰り返して
綺麗にしていくます。


写真左側が新油の色です。緑で綺麗です。。
オイルは ペントシン
添加剤はSOD-1+
診断機が無いと出来ない作業です。

MT本体のギアオイル交換は普通のMT車と同じ。
ギアオイルは マイスターLS。

交換後はスムーズな変速になりましたが、もう一歩といった感じ。
オーナー様からは、まだ良くしたい!気持ちよく走りたい!との事でしたので、

オルカのスロットルコントローラーを取り付け!

別の車のように変身!!!

なんとか対応出来ました!!!
小さくてキビキビ走る、いい車です!!!

ありがとうございました!!!!!

ご相談はお電話またはメールにて

メールでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

第二土曜・日・祝日お休み:営業時間 9時~18時

 

車検・整備

詳しく見る

メンテナンス&サービス

詳しく見る

中古車販売

詳しく見る

 

車検・整備

詳しく見る

メンテナンス&サービス

詳しく見る

中古車販売

詳しく見る

-エンジンオイル

Copyright© SUNNY DAY AUTO SERVICE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.